患者様の健康をサポートします

株式会社エムロード

院外処方移行のご相談

近年、医薬分業が流れが進む中、必然的に院外処方に切り替えられる先生方が増えておりますが、弊社では患者様にも先生方にも喜んで頂ける薬局作りを目指して日々尽力しております。

弊社では、先生方が実際に院外処方に切り替える際に生じる利点や問題点などを今まで培った経験とデータをもとに各医院様ごとにシュミレーションし、ご提案をさせていただいております。

医療改正等で薬価差益がほとんど見込まれない状態で院内処方では常に使用する薬剤の在庫を抱え管理しなければならなく、新薬が出ても在庫の薬剤を使わなければ不良在庫になる為、なかなか新しいお薬を採用できないなど、色々な葛藤をお持ちだと思います。

また、院内で処方することにより、それにかかる時間や手間、人員にいたるまで色々な悩みを持たれていらっしゃると思います。

以前マスコミで取り上げられ問題になった、薬価差益を得る為に患者様に大量の投薬をして『薬漬け』にしたなどという話が有りましたが、近年では患者様の個人負担が増える中、患者様にいかにして来院していただくかが医院経営の大切なカギであり、必要なお薬をジェネリック医薬品などを交えて効率よく投薬し、いかに患者様に満足していただくことが出来るかもその一つの手段ではないかと考えております。

近年ではインターネットの普及により患者様のお薬に対する不安や知識は増しており、より良いものをよりサービスの良い所でより安くという考え方が消費者の基本概念ですが、こと医療業界に関しては、診療報酬は法律で決められておりますので、患者様は払った自己負担額に対していかに満足できたかという治療の質を求める声が多くなっております。

たしかに院外処方にすることにより患者様の負担額は若干増えることになります。

しかし患者様の満足度という面では、投薬の際にお薬一つ一つに関して薬剤師が時間を取って患者様の疑問や不安に対して丁寧お答えし、他医院で処方されているお薬も含めて、重複や飲み合わせ、アレルギーなどのチェックもすることもでき患者様に安心してお薬を飲んで頂いきご満足頂いております。

院内で全患者様にそこまでするとなると、先生方の労力と時間もかなり必要と思われますし、そのために人を雇用するにも人件費かかってしまします。

患者様の満足度という面でも、医院経営という面でも、院外処方にすることによるメリットは大きいかと思っております。

このような点をお考えいただき、微力ではございますが、先生方の今後の医院経営に弊社がお役立ち出来ればと考えております。

これを機にぜひ一度、院外処方への移行をお考えいただければ、弊社と致しましても幸いでございます。

ご意見・ご質問等ございましたら、お手数ですがお問い合わせフォームもしくは、お電話にてお問い合せ下さい。

『かかりつけ薬局』の立場から患者様の健康をサポートします。

株式会社エムロード

© 株式会社エムロード All Rights Reserved.